援助交際とデリバリーヘルスから作られた造語、それが援デリだと言うことは友人から教わりました。
いったい何のこと?って感じでした。
「これは立派な違法風俗業者のことね。ネットの世界で客引きやってるってやつ。顔が見えないだろうネットって言うのは。だから素人女の振りをして客を集めているわけよ」
「つまり、その援デリっていう業者に…」
「そうそう、罠にハマッちゃったってやつ」
ガガガガーンと、激しい衝撃が脳内を襲ってきました。
もちろん最初は、素人の女の子との熱過ぎる関係を想像していました。
実際にやったらデブスのおばさん。
しかも、冷酷と言えるような冷たい態度のセックスでした。
その答えが、風俗業者だったのです。
「条件が美味しかったろ、最初だけ2万円でそれから無料」
「うん(泣)」
「アヘ声も出さないで30分ぐらいで終了」
「うん(泣)」
「もう一度連絡したら、次回もお金が必要って言い出すぞ」
物は試したから連絡を取ってみました。
友人に言われた通りの答えが返ってきました。
泣くしか他に方法がありませんでした。

 

 タダマンが可能である!
友人からこの言葉を聞いた時、目が点でした。
ホ別の支払いなしに、大人の関係が作れると言い出したのです。
彼も僕と同じように彼女ができない男。
「最近は無料でセフレ作って頑張ってるよ」
これ聞いて、計り知れないほどの衝撃がやってきました。
「どうやるの?」
思わず聞き返す僕。
「老舗出会い系サイトを利用するんだ!」
「老舗?」
「運営歴が長い、安全な出会い系サイトね。ここで、テレセから始められる女の子を募集する」
なにやら、深い秘策のようなものがあるようです。
かぶり付きで、彼の話を聞いていきました。
すごく合理的。
しかもユニーク。
そしてハードルが低いのです。
彼の相手募集の方法を聞いて、なぜか自信が湧いてくる自分がいました。